アパレルのバイト 応募はコチラで!

アパレル・ファッション関連のバイトが大募集中です!応募はアパレル求人の事ならココで決まり!という求人サイトがあるのでそこで探されるといいと思います♪ 

 

 

是非、参考にしてみてください!

 

>> アパレル求人ならココを外すわけにはいきません!【ファッショーネ】 <<

 

 

イオンモールの中のショップでのアパレル体験記

 

福岡県北九州市のイオンモールの中のショップで働いていた23歳の女子です!

 

アパレルの仕事=接客、販売?楽勝じゃん!なんていう軽い気持ちで面接に行きました。きれいめジャケットに黒のワンピースという真面目な服装で行きましたが、事前にお店の系統をリサーチして行くべきだったな、と思います。面接は店長とマンツーマンで行いました。即日採用で週5日、1日8時間働くことになりました!

 

前記の通り、甘い考えで面接を受けたのですが、実際働いてみると大違いでした!

 

入荷、出荷、商品陳列、棚卸し、などなどすること沢山!時間が足りずに接客につく時間もままならず、なのに個人売り目標や顧客様の獲得目標、ポイントカードやメルマガ会員の獲得目標などがっつりグラフが貼り出され、悩んでいた子も沢山いました。

 

とはいえ、顧客様獲得の為、売上の為に接客をするのは大事な事です。接客をしていてなにより辛いのがお客様に無視をされる、避けられることでした。(数ヶ月で慣れましたが)

 

また、何かとすることや覚えることも多く、最初はメモを書いて毎日復習をしていました。しかし、覚えてしまえば、ほぼ1ヶ月の流れや1日の流れは一緒なのでとてもやりやすかったです。

 

アパレルでバイトをする場合は短期よりも長期をおすすめします。仕事に慣れさえすれば、とても楽しいし1日がとても早く感じます!また、接客をしていて、売上があがった時や目標をクリアした時の達成感は、アパレルやっててよかったと思えます!

 

向き不向きよりも、やる気が大事な仕事だと思うので、是非チャレンジしてみてください!


 

ファッションショップ「SPIGA」での仕事を経験して

 

私が21歳のときに、友人の紹介で洋服販売のお仕事をしていました。そのお店は静岡県にある静岡109というショッピングセンターに入っているSPIGAというお店です。

 

面接では普段着で行きましたが、少しそこの店の系統に似た服を選びました。もちろん化粧もしっかりとして、”この状態で働きます”というイメージを持ってもらえるようにしました。面接に受かり、いきなりですが翌週からシフトに入りました。

 

始めのうちは接客や陳列棚の整理をしていましたが、ある程度任されるようになるとレジ打ちや締めの作業、マネージャーへの業務報告も行いました。報告内容は、何がよく売れたのかや、客層などのレポートです。

 

お店の洋服は3割引きで購入できましたが、店頭に並んでいるものでないと着ることができません。つまり、自身の身につけている洋服が売り切れてしまった場合、新しいものを購入しないといけないのです。
自分が着るからこそ気に入ったものしか購入したくなかった私にとって、少し抵抗がありました。

 

お客様とのトラブルですが、このブランドの洋服は10代から20代向けであまり値段も高額ではないことから、購入後のクレームを受けたことはありませんでした。しかし、洋服を乱暴に扱うお客様がいたり、無愛想な方にあたったりすることもありました。

 

今後働こうとしている方へアドバイスできるのは、本当に自分の好きな系統のショップを選ぶことです。ショップスタッフの給料はそんなに高いものではないのに、好きでもない洋服を買うのは誰しもが抵抗があると思いますし、好きじゃないものを売るのも大変です。しかし、そんなに敷居の高い仕事ではありません。流行が好き、人と話すのが好きであれば是非チャレンジしてみて下さい!


 

学生時代にABCマートでアルバイトをしていました

 

私は30代の男性です。
まだ私が20代前半の大学生の頃、ABCマートでアルバイトをしていました。
場所は神奈川県の鎌倉市でルミネの中に入っている店舗でした。

 

私はそのショップがオープンする時にオープニングスタッフとしてアルバイトに入ったのです。

 

私がABCマートのアルバイトを見つけたのは、よくある無料のフリーペーパーでした。
そこに新規オープン、スタッフ募集と書かれた文字を見て、電話で応募しました。

 

面接はまだ店舗ができていなかったため、都内での合同面接という感じで行われました。
確か銀座だったと記憶しています。
その当時、私は普段着で面接に行きました。
冬だったので、ボア付きのN-2Bタイプのジャケットにボトムはデニムでした。
そして、私の場合、髪の毛をかなり明るい色に染めていました。

 

学生のアルバイトの面接なので服装のことは問題なかったのですが、髪の毛に関してはアルバイトが始まるまでに黒く染めてくるように注意をされました。

 

私がABCマートで行っていた業務は、接客が中心でした。
お客さんに声をかけること、お客さんから声をかけられた時、奥の倉庫からサイズの在庫を出す作業、主にそういったことをしていました。

 

それから私の場合、新店舗だったので、少々特殊な仕事もありました。
それは、お店の装飾などを行うことです。
仕事の空き時間にポップを作ったり、オープン数日前からアルバイトに入りオープン用にお店を飾りつけたりしました。

 

そんなアルバイトの給与の支払われ方は銀行振込でした。

 

ABCマートでの仕事のメリットと言えば、やはり大好きな靴に関われるということが一番です。
逆にデメリットは、新規オープンでスタッフが足りなかったため、学生であるにも関わらず、かなりたくさんアルバイトに行かなければならなかったことです。

 

なにはともあれ、靴好きには最高のたまらない職場環境です。
もしファッションに興味があるおのでしたら、ファッションショップでのアルバイトは色々な経験になるのでオススメです。


 

 

おしゃれしながら仕事が出来る、ファッションショップのバイト、意外と体力勝負です!

 

26歳 女性(当時)

募集媒体
 アデコという派遣会社から派遣されました

インポートロッサ大阪店(店名)

 

仕事内容は、主にセール時の、各店舗間の洋服の貸し借り交渉と、交換の手伝いです。
      簡単なPC操作、掃除もあります。

時間帯
   9時から18時まで 時給初め1200円から1300円に昇給

 

メリット
 
  • 髪型、服装は根本的に自由なので、楽しみながらお仕事出来ました。
  • 仕事中、ファッションショーがある時は、会場へ連れて行って貰え、
  • 非日常的な空間を楽しめて、とても嬉しかったです。
  • お客様もセレブな方が多く、人間的にも学ぶ事が出来ました。
  • 暇な時は、座りながら作業が出来ました。普段見れないような、高価なスカート、ジャケット等のデザインを日常的に見れました。

 

デメリット
  • 主にセール期間、店舗間のサイズ交換を電話対応の上、走って行うので、体力がいります。
  • 更に知らない街だと、道を覚えるまで大変です。
  • 毛皮など高価な品を持っていく時は、強盗に合わないように細心の注意を払いました。
  • 沢山の服を持って走り回るので、体力勝負です。
  • 社員の方は、ノルマが大変らしく、社員間でお客の取り合いや、洋服の取り合いが激しかったです。
アドバイス

    仕事は何をするにも苦労がつきものです。あきらめないで、好きな事なら挑戦してみて下さい。

 

その服が好き!というお客様をたくさん作ろう!

女性、50才。
地元のバイト求人雑誌で見つけて、当時はまだ二十歳そこそこだったので、すぐに採用になり、広島市内の本通り入った横にある並木通りのテナントビルの、パーソンズでアパレルのバイトとして働いていました。

 

面接はそんなには難しいものでなく、自分が原色が多いパーソンズに向いてると採用者に思われたから、採用されただけと思われます。
特別、難しいことは聞かれなかったし、長い面接でもなかったし…

 

仕事内容は、売り子さんですが、ビルの上の方の階なので、そこまで人がたくさん出入りするようなことはなく、比較的閑散としていました。

 

だから、私としてはもう少し人の出入りが合った方が楽しいし、時間もすぐにたつから、一階のショップの方が良かったです。当時は派遣制度は確立してなかったから、みんな直接雇用で、給料は月給制で15万円すらいがほとんどの相場でした。

 

ニコルとかで17万円くらいでしたから…

 

すごく募集は多くて、やめる人も多々ありました。

 

銀行振込で、給料の手渡しはなかったです。毎週一回は、ショップがたくさん集まり、朝のミーティングが開かれていました。

 

だから、他の会社もたくさん集まるから、刺激にはなりましたし、ファッションセンスがすごい人が多くて、髪型もすごくこだわり、色つきほのメッシュを赤とか緑とかして、化粧も斬新な女性もたくさんいました。

 

そんな中、私は地味な方だったです。

 

店でかなり違うとは思いますが、アパレル関連やショップのバイト店員さんは、すごく着ているものも見られるし、来るお客様の参考になるような格好をしてないといけないんです。

 

だから、ここはバイト店員さんがかわいいとか、ああいう風になりたいなー、とか、少しでも思わせられて、店にかかっている洋服を気に入ってもらい、常連になってリピートしてもらうことが大切なんです。

 

間違いなくいい素材、いい布が売られているので、品質は安心です!

 

 

ライトオンで初めてのアパレルバイト

私は20の大学生で、現在進行形で埼玉県のライトオンというお店でアパレルのバイトで衣服の販売をしております。

 

ここで働くようになったきっかけは以前家電量販店で働いていたのですが、一身上の都合で辞めることになり丁度アルバイトをさがしてまして、そのときに服を購入しているついでにバイトを募集しているかを聞き、入社することになりました。 仕事内容は主に衣服の販売や商品の整理で、お客様に話しかけ一緒にコーディネートを考えていきます。

 

もともと接客業をやっていたのでお客様と話すことに関してはすぐできたのですが洋服をたたむのに意外と苦戦しました。なぜなら形を整えるだけではなく大きさを合わせる必要があるからです。

 

アパレルバイトの面接は私服で行い、履歴書を用意し直接店長としました。 自分のお店だけかもしれませんが全然堅い面接ではなく緩くて雑談のような感じでした。 面接では質問はひとつで好きなジーンズメーカーは?というものでしたが答えられなくでも特に問題はないと思いました。

 

報酬に関しては振込みで支払われ、給与明細はネットでという感じです。

 

アパレル業界だと当然だとおもいますが勤務時はそのお店の服を着る必要があるので 最初に服を購入する費用がかかりますが社割りで7割で購入できます。
仕事もやりがいがありますし、仕事しながらファッションセンスを高めることができるのでアパレルバイトはおすすめです!

 

 

大型ショップでのバイト

現在36歳の主婦です。アパレルでバイトをしていたのは21歳、大学生の時でした。とらばーゆの雑誌を見てアルバイト求人の申し込みをしました。最初に履歴書を送りました。それが一次選考です。お店はファイブフォックス、当時のブランド名はコムサコムサコムサです。

 

面接は原宿のファイブフォックス本社で行われました。会議室のようなところにずらっと100人以上のアパレルバイト希望の人が並んでいて、3人ずつ面接室に呼ばれました。服装はカジュアルで行きました。Tシャツにロングスカート、特にファイブフォックスの服は着ていきませんでした。面接で聞かれたのは、普通のアルバイトと同じことです。今までどんなアルバイトをやってきたか、とかで特にファッションのことは聞かれませんでした。

 

私が採用されたのは池袋西武店でした。週三日、5時から9時、週末は一日、直接雇用のバイトです。時給950円で、月に一回給料日でした。スタッフの役割が細かく決まっており、私はフィッティング(試着をする人)の担当でした。そのほかにもフロア、レジ、バックヤードなどと分かれていました。

 

常にファッションと一緒に向き合っていられる、というのはとても楽しかったですが、ファッションの接客って、人見知りの私にはすごく大変でした。メリットはファッションに触れられる、私にとってもデメリットは、接客が辛い、ということでした。でも、アパレル関係やファッションがすき、という気持ちが強かったので頑張れました。ファッションが好きでなければ続かないと思う業界です、ファッションに興味がある人は頑張ってほしいです。

 

オシャレが上手くなる!ZARAでバイト

現在29才、女です。

 

私が22才で大学院に通っていた頃、香川県高松市にZARAが初上陸し、大喜びで応募しました。とりあえず面接をということで、ZARAっぽい、クールなコーディネートをしていきました。

 

上はレザーのジャケットと無地のTシャツ、下はパンツをレザーブーツにインというようハードめなかんじです。髪型はショートカットなのでそのままです。面接官は店長さんで、もちろんZARAっぽい服装でキメてました。ワイルドな感じの男性でした。

 

私はまだ学生だったので、土日のみの勤務で朝9時〜夕方の4時で希望だったのですがすんなり受け入れてくださり、無事ZARAのアパレルバイトに合格しました。お給料は当時時給800円で、毎月振り込みしていただいてました。

 

バイト初日に担当を言い渡され、私の担当はZARAwomanのテリトリーでの接客でした。ZARAでは自分の持ち場を越えて接客することはまず無いので。より専門性も高まると思います。

 

ZARAで働ていたメリットとしては

  • 勤務中ずっとオシャレな洋楽がかかっているのでモチベーションがあがります。
  • とにかくオシャレが大好きなスタッフが多いのでセンスが磨かれます。商品も次々新しいものが入荷されるので、見ているだけで楽しいです。勤務中は黒のスーツなのでZARAの商品を毎回買う必要はありません。
  • ZARAでは、服はだいたいハンガーに掛けるのであまり畳まなくて良くその点楽です。

 

デメリットとしては、

  • 店舗あたりのスタッフ数も多く、わりと個性的な方が多かったので人間関係が大変ということですかね。

 

 

でもこの点は自分次第というところですし、特に目立ったデメリットは無かったと思います。

 

ZARAでアパレルバイトとして働けたことは良い経験となりましたし、概ね楽しかったです。

 

これからZARAに限らずアパレルショップのバイトで働こうと思う方は、出来れば自分の好きなブランドで働くことを強くオススメします。
多少仕事が辛くても、好きなモノに囲まれて働けたら幸せじゃないですか?そして、新商品を誰より早くチェックできるのでオシャレ度もあがります。

 

是非好きなショップで働いて、お仕事しつつセンスアップも狙ってください。